今アメリカ合衆国に住んでいらっしゃる。日本にいた時は基本よりも痩せ気味の思考だったので減量を意識した事がありませんでした。

今アメリカ合衆国に住んでいらっしゃる。日本にいた時は基本よりも痩せ気味の思考だったので減量を意識した事がありませんでした。アメリカ合衆国に移住したのが四年正面、アメリカ合衆国にきた時は周りのアメリカンにあなたは痩せすぎで健康的に見えないから再度食べなさいといわれました。そうしてアメリカ合衆国にきた同年懐妊しました。日本では懐妊中頃のポッチャリに恐ろしいようですがアメリカ合衆国は別で懐妊中に体重が増えないとダメだと言われます。ドクターに益々ウェイト付け足しなさいという各回診察のたびにいわれ一所懸命食べました。そうしてセキュリティ子がうまれましたが、アメリカ合衆国ではクルマ距離が多くあるく事が少ないので懐妊中に増えたウェイトが戻りません。それでも周りのアメリカンにはあなたは太ってないからセキュリティよ、あなたはそのままで満足よっていわれ快適しきっていました。ただし孫を日本の親に合わせに日本に機会帰省した状態、わたしが以前と体型が入れ代わりすぎて親がエアポートでわたしに気付かなかったのです。渡米前と渡米のちのち15移動も太りました。持ち越し日本に帰国する時折親にわたしだと分かるように減量を頑張りたいだ。20代に店先のプロフェショナルを誘ってバンジージャンプに行ったときの対応。ハラハラワクワクしながら受け付けを終えると、後直ぐウエイト測量が・・。多少量ったことがことがなかった自分のウエイトが、過去最高質であることはウエイト通算にのらずとも認識していたので躊躇したものの今さら後にもひけず。仕方なくウエイト通算にのるといった80距離飛び越えてる!!めまいが!!!追い打ちをかけるように、バンジージャンプはウエイト特別アクセスに並べるゴムの色合いが違い、プロフェショナルたちは赤・緑をつけていたのに私のゴムは黒・・・。近くも柔道部とか相撲部みたいな紳士ばかりで女性は自力。どんどん再度、飛ぶ種別もウエイト順。プロフェショナルたちがキャーキャー飛んで出向くのを見ながら、自分がようやくあの席に立って多くの観衆の事前で自分のウエイトをさらすことになるんだな、と違う緊張を感じながら待っていました。原則最後までその情熱はぬぐえず、かなりの内面ダメージを受けていました。あたしは次のウィークエンド耳つぼ減量のレクチャーを聴きに赴き、単に申込。生活初の対価をかけた減量に挑戦することになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です